木に取り残された子猫を救出する母猫







木の上で子猫が取り残されて必死に助けを呼んでいます。木の下では母親らしき猫が子猫を見上げ、悲しそうな声をあげています。母猫は、少しすると木に登り、子猫の首を噛んで降りようと試みました。しかし、子猫が木にしがみつき離れません。母猫は、子猫を振り返りながらゆっくり降りていきました。まるで「ゆっくり降りておいで」と声をかけているようです。撮影している女性も、「こっちにおいで」と子猫に声をかけています。すると、子猫はお母さんの元に行きたい一心でびくびくしながらゆっくりと降りてきました。そして、ついに自力で地上まで降りられました。撮影している女性も安心しています。
母親が子供を想う気持ちは、人間だけでなく全ての生き物にあるようです。

木に取り残された子猫を救出する母猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です