保護猫の赤ちゃんの愛らしさがたまらない




キジ白柄の保護猫さんは、まだまだ小さな赤ちゃんです。歩き方もどっしりとしておらず、赤ちゃんらしいよちよち歩きです。鳴き方もまだ力強さがなくて心配になってしまいます。

ミルクも自分からはごくごく飲んでくれないようです。まだ離乳には早いぐらいの小ささなのかもしれません。

こんな赤ちゃん猫でも保護主さんの膝に乗って甘えたりして日毎に可愛さが増してきているようです。

一生懸命歩く姿に愛おしさでいっぱいになります。ほんのちょっとだけ動いただけでもすぐに疲れてしまう赤ちゃん猫です。

そしてすぐにうとうとしてしまうという繰り返しですが、こんなふうにして少しずつ成長していってくれるのでしょう。保護主さんも忍耐強く成長を見守っています。

保護猫の赤ちゃんの愛らしさがたまらない















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA