相手をしてもらいたくてハスキーにちょっかいを出し続ける猫







キジトラ猫がハスキーのところにやってきて、いきなり前足を頭の上に押し付けて嫌がらせをしています。ハスキーは寝ていたのですが、そんな猫の横暴っぷりにギロリと視線を飛ばします。

最初は大人対応をしていたハスキーですが、耳をかじられたり鼻先に手をかけられたりと猫の横暴っぷりはエスカレートする一方です。

ハスキーもイライラが高じてきて、噛む真似をして軽く威嚇しています。やめろ〜〜〜とでも言いたげに首を何回か振りながら怒りを身体中から放っています。

だからといって本気で猫を噛もうとしているわけではありません。これはあくまでも犬と猫のじゃれあいの一つの形だからなんですね。犬の方は寝たいけれど猫はなんとかして犬と遊びたいのでしょうね。

相手をしてもらいたくてハスキーにちょっかいを出し続ける猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です