解体作業現場で保護された3匹の子猫たち







空き家の解体作業をしていた建築会社のほうから現場にいた子猫3匹の保護の依頼がありました。どうやら家の床下で母猫が子育てをしていたようです。床板を剥がした下で震えていた子猫たち。想像するだけで心が締め付けられます。

猫の保護シェルターをしているこのお家もちょうど空きが出るので子猫たちを受け入れました。ケージの中でうつらうつらしている子猫たちです。まだ1ヶ月前後の小さな猫たちです。お母さん猫から突然離れてしまってさぞかし心細いことでしょう。

それでもちゃんとミルクをたっぷり飲んで一安心です。三毛猫ちゃんはペットボトルの湯たんぽに抱きつくようにして寝ています。他の二匹は眠そうですがなかなか眠れないようですね。少しずつ新しい環境に慣れてもらいたいです。

解体作業現場で保護された3匹の子猫たち















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です