素っ気ない態度をしていた野良猫も、撫でられるのには弱かったようです







野良猫といえば人間に警戒心を持っており、懐いてくれる事はほぼありません。
しかし今回ご紹介する子猫は態度こそ素っ気ないものでしたが、撫でられるとデレデレに。
そのギャップを楽しんでください。

道路沿いの塀には野良猫が佇んでいました。
撮影者さんが近づいていくと、野良猫はこちらに気付いてチラリと見ます。
でも興味を感じなかったようで、すぐにプイっと顔を背けて素っ気ない態度を取りました。

すると撮影者さんは野良猫に手を近づけ、頭をナデナデ。
ナデナデした瞬間、野良猫は目を細めて嬉しそうにしています。
余程撮影者さんのナデナデが気持ち良かったのでしょうね。

しばらく撫でてから手を離すと、え?もう撫でるのやめちゃう?と寂しそうにこちらを見つめる野良猫。
ナデナデを再開すると、野良猫は顔を腕に擦り付けに来たり、シッポをピンと立てて喜びのポーズを示します。

最初の素っ気ない態度が嘘のよう!
余程撫でられるのが好きなのでしょうね。

素っ気ない態度をしていた野良猫も、撫でられるのには弱かったようです















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です