猫とフクロウの微妙な関係







ベッドの上には立派なフクロウと、そして猫がいます。クリーム色の猫のほうはフクロウに熱い視線をなげかけて必死に遊ぼうよのアピールをしていますが、フクロウさんのほうは猫には関心がないように見えます。

それよりも周囲に視線を流しながらなにか少しだけ警戒しているかのように見えます。フクロウさんは大きさ的には猫よりもちょっぴり小さめですが顔の大きさは存在感がかなりあります。

二匹ともしばらくは何をするでもなくジッとしていましたが、いよいよ猫が立ち上がってフクロウに近づこうとした時に、一瞬で飛んでいなくなりました。猫とフクロウが仲良く遊んでくれるかと思いきや、なかなか関係は築けず残念そうな飼い主さんでした。

猫とフクロウの微妙な関係















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です