地震から子猫を守る猫







先住猫がいるのに、猫を飼うって難しいですよね。
今回は先住猫と子猫が良い関係になっていき、最後には地震から子猫を守ろうとする先住猫の姿をご紹介します。

先住猫となるのは、白猫の麿白。
子猫は保護した子猫で、名前は時雉といいます。

麿白と時雉の仲は悪いというわけではないのですが、どうも上手くいってません。
麿白からすると普通にスキンシップをとってるだけなんでしょうけど、小さい子猫の時雉からするとキツいようです。

そんな両者も時間の経過と共に慣れしたんでいきます。
麿白は手加減を覚えたようですし、時雉も甘える事が出来るようになりました。
そんな時、地震が発生します。

時雉は地震に気付かず眠ったままですけど、麿白は地震に気付いて警戒をしています。
しかしその場から逃げるのではなく、時雉を守るように抱いて離れません。

ここまで二匹が仲良くなるとは。
最初は心配でしたけど、この様子なら大丈夫そうですね。

地震から子猫を守る猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です