先住犬猫に愛される保護子猫







キャリーバックの中で遊んでいる三毛子猫のあるみちゃん。
あるみちゃんは、まだ目も開いていない状態という、わずか生後3日で保護され、それから約1ヶ月が経ちました。
保護された直後と比べるとかなり大きくなり、足取りもしっかりしてきましたのですが、ちょっと元気が良すぎるみたいですね。狭いところで暴れまくるものだから頭を壁にぶつけてしまいました(笑)
それでも全然気にする様子がないあるみちゃん。今度は毛繕いをしようとしますが、うまくバランスが取れなくてコテン。転んでしまいます。
それを見かねたの先住猫のゆうちゃんがあるみちゃんの体を毛繕いしてくれました。
2匹のそんなほのぼのシーンは、いつの間にかプロレスごっこに発展。
あるみちゃん小さな体で果敢に挑みますが、やはりこの体格差勝てるはずがありません。
あるみちゃんが退散した先には先住犬のジオくん。ジオ君の体にくっついていると安心するみたいです。
あるみちゃん、やさしいお姉さん、お兄さんができてよかったですね。

先住犬猫に愛される保護子猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です