保護猫ロニのハッピーエンディング物語







保護主さんのところにやってきたのは、まだ生後3週間の子猫です。安全なお家でスクスクと育っていく様子には思わず笑みがこぼれてしまいます。

まだまだ毛玉のように小さくてふかふかな子猫ですがおもちゃで遊んでもらったり、ご飯をたっぷり食べたりで元気いっぱいの様子です。

保護主さんがフワフワの毛布で子猫を巻き込んであげると、その中ですやすやと安心しきって眠っています。どんな夢を見ているのでしょうね。

保護されているお宅でたっぷりの愛情をかけてもらったおかげで、本当に可愛らしい子猫に成長しています。

やがて、ロニは新しい里親さんのところへお引っ越ししていきました。これから新しい家族と楽しい一生を送ってもらいたいものです。

保護猫ロニのハッピーエンディング物語















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です