動きがゆっくりすぎる茶トラの赤ちゃん







布団の中から恐る恐る顔を出す茶トラの赤ちゃん。名前は「ひろし」だそうです。

飼い主のもとに一歩また一歩と近づいていくのですが、何かにおびえているのか布団が気持ちいいのか、なかなか出てこようとしません。
それでもゆっくり飼い主のほうへ歩み寄ってきます。

その速度たるや、まるで動画がスローモーションになっているかと錯覚してしまうほどに遅いのですが、首をかしげながらベッドをふみふみして歩いてくるのがとても愛くるしいです。

最後はカメラの正面どアップまで近づいて小さな手を伸ばしてきます。

大きい瞳とふわふわした毛並みが画面いっぱいに堪能でき、飼い主になついている様子も最後は垣間見えてほっこりする仔猫のワンシーンです。

動きがゆっくりすぎる茶トラの赤ちゃん















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です