アパートで暮らすオオヤマネコ







オオヤマネコとは、森林、低木林、ツンドラ、半砂漠、岩の多い山地などに生息するオオヤマネコ属の動物です。ニホンジカ、イノシシ、ウサギなどを捕食しています。体長押オスで76~148cm、メスで85~130cmほど、体重は大きなオスだと29kgほどにもなります。家庭で一般的に変われている猫とは大きな違いがあります。

そんなオオヤマネコがモスクワのアパートで暮らしています。食肉類であるにもかかわらず、おとなしくアパートで暮らしているようです。子供がなでても大丈夫です。

冬はベランダで過ごすのがお気に入りです。ネットで柵をしてあるので、外に飛び出てしまう心配はありません。

毛皮用農場の飼い主の購入で命拾いをして、気ままに暮らせてよかったですね。

アパートで暮らすオオヤマネコ















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です