保護されて4周年!家猫になるための適正とは?







この動画を撮影している日が、野良猫だったキジトラ猫、参湖くんを保護してちょうど4周年の記念日に当たるそうです。

参湖くんは、子猫の頃から近所に住み着いていたそうですが、保護された時はライバル猫との縄張り争いに敗れ体中傷だらけで満身創痍の状態でした。

その状態で動けなくなっている所を今の飼い主さんに発見され保護されたわけですが、保護された参湖くんは、病院に連れて行く時もおとなしく従順で先住猫の摩白さん、時雉さんともあっという間に打ち解けて甘えるようになったそうです。

参湖くんは、なぜそのように今までとまったく違う環境の家猫生活に馴染めたのかというと、飼い主さん曰く参湖くんには家猫としての適正があったからなんだとか。

保護されて4周年!家猫になるための適正とは?















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です