ハスキーに遊んでほしくてわざと意地悪する猫







ハスキーが床に寝そべっていると、すぐそばに猫がやってきてハスキーの頭をぎゅっと前足を押しつけるようにしています。優しいハスキーは、そんな嫌がらせにも反応せず、ただ上目遣いでチラリと猫を見るだけです。

逆に反応がなかったのが面白くなかったのか猫はさらに頭をぎゅっと前足で押したり、さらには耳をかじったりと意地悪がエスカレートしていきます。あまりにしつこくされたハスキーも、堪忍袋の尾が切れたのかヤメロ!と猫に牙をむきました。

ハスキーの反応があったことで猫もますます楽しくなってきたようで意地悪をやめません。猫としては単にハスキーに構って欲しかっただけなのでしょうね。結局ハスキーは乗ってきてくれないことがわかってすごすごとその場から退散した猫さんです。

ハスキーに遊んでほしくてわざと意地悪する猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=5dDjJLdQ6Jo















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。