一番小さかった子猫も毛づくろいするまで成長しました







猫は人間と違い、一度に沢山の子猫を出産します。
すると中には小さい子猫が生まれてくる事も。
今回は一番小さく、救出する必要があった子猫の元気に育っていく姿をご紹介します。

ケージ内でセルフグルーミングをしようとしているのが、一番小さくて大変だった子猫のウィリー。
なかなかうまく毛づくろいできないようですけど、頑張って自分でキレイにしようとしている姿が健気ですね。
出産直後は危ぶまれたものの、今ではここまで大きくなりました。
まだ小さいからか、ちょっとヨタヨタ様子で歩いてはいますけど。

無事に成長していっているからか、ケージ外に興味を持つようになりました。
ケージの外を見つめながらウロウロし、まるでそっちへ行きたい~と言わんばかりに鳴いている姿がとっても可愛い。
このまま元気に育っていって欲しいですね。

一番小さかった子猫も毛づくろいするまで成長しました。















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です