生後3か月のゴールデンレトリバーの前足(手)が非常に大きい







生後3か月のゴールデンレトリバーの身体を飼い主が撫でて回っていますが、最終的には前足(手)を掴み、その大きさに驚いていました。

飼い主の手と比べても大きさはそこまで変わらないような感じで、成長スピードが速いことを実感できます。

ゴールデンレトリバーに関しては、成長すればかなり大きい身体になりますけど、子供の時点で割とサイズが大きい状況です。

前足(手)がこの状況だと普通に人間と握手ができそうですし、身体の大きさだけ見れば人間と同じような雰囲気にも見えてくるでしょう。

こういった部分は大型犬ならではの魅力であり、小さい可愛らしい犬とは違った側面だと言えるはずです。

ゴールデンレトリバーは人気の犬種ですし、やはり好きな人は好きなのだと思います。

生後3か月のゴールデンレトリバーの前足(手)が非常に大きい















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です